面接の事前準備について

採用を決める面接

 転職活動の一番の壁が「面接」です。書類選考は通るのにも関わらず、面接になるとなかなか内定がもらえないということは、転職活動をしていると何度も起こります。その理由はいろんなことが考えられます。一つは応募者と採用したい人材が企業にとって合っていない場合です。企業が出す求人というのは、意外と抽象的な情報が多かったりします。

 

 それは、ピンポイントで必要なスキルや要望などを出しすぎてしまうと、自分は該当していないと事前に感じて応募をしない人がかなり出てくることがあるためです。そういうこともあって、なるべく広く人を募集してその中でポテンシャルを見極めようという企業が多くなります。また、これが書類選考は通るのに、面接で落ちてしまう大きな理由になっているわけです。

 

転職ではあまり準備をしなくても良いです

 新卒採用とは異なり、転職の場合には中途採用枠での応募になります。となると、面接の中で個人の資質を見ていくというよりは、今までどのような仕事をしてきたのかというキャリアの部分を見る比重が多くなります。中途採用ではなく「キャリア採用」という名称を使う企業が多いのもそれが理由です。

 

 そのため、新卒用の面接対策の言葉などを覚える必要は全くなく、今までの仕事でどのようなポジションにいたのかをそのまま話せば良いわけです。固くなって、経歴を棒読みになってしまうよりはナチュラルに自信を持って話している人の方が印象は良いので、友達などに声をかけて面接の事前練習をしておくというのも効果的ではあります。しかしながら、面接対策に力を入れるよりも前に、職務経歴書を充実させた方が良いでしょう。