いざ応募、応募書類の準備について

応募書類の準備

 転職活動を始めるとたいていの場合応募用の書類が必要になります。多くの場合は、履歴書と職務経歴書が必要になるかと思います。転職エージェントなどに登録すると履歴書と職務経歴書を渡しておくとそれを各企業に送って打診をして貰えます。

 

書類は書き置き?

 その際準備する書類についてはたいていは当たり障りのない一般的な内容の物を一度作るとそれを使い回すと言うことが多いのではないでしょうか。確かに一般的な内容の書類であればどこにでも使うことが出来るのですが、そうするとその分アピールが弱い物になってしまう可能性があります。

 

本命企業にはオリジナルで

 転職活動をしていると「この会社は是非入りたい」と思える会社と「まあ、入れたらいいかな」という会社に別れると思います。私がお薦めするのは、本命の企業に応募する際の書類はその企業・応募する職種にターゲットを絞った物を改めて作成すると言うことです。

 

 確かに、書類を作成するのはとても労力が必要です。しかし、応募する職種まで決まっているのであれば、特に職務経歴書は自分キャリアが全て応募する企業・職種に向かうように若干修正するだけで採用担当者の目にとまる物になるでしょう。

 

 採用担当者は大きな企業ですと数百をいう応募書類を裁きます。彼らはその書類を全てについてじっくり見ると言うことは行いません。ですので、書類をざっと見たときに目にとまる何かがあればあなたの書類がじっくり読まれる可能性が高くなります。

 

 転職活動は在職中であれば時間のない中進めなければならないので大変かと思いますが、ちょっとした手間をかけてあげることで、成功の確率が高くなるものなのです。